知っておくと良い情報

白い体温計

日本人は薄い顔立ちをしていることが多く、まぶたが一重の人も多いです。一重のまぶたが腫れぼったく見える人もおり、それがコンプレックスという人も少なくありません。こうした一重まぶたは地味で暗い印象を他者に与えがちです。また一重まぶたであるとアイメイクが映えない傾向にあるのです。特にアイシャドーやアイランインを描きにくく、なおかつ化粧映えしないのが難点です。一重まぶたであると顔の華やかさも劣るのです。どうしても一重まぶたにコンプレックスがある場合は美容整形を行うのも一つの賢明な方法なのです。美容整形は昔とは違って誰もが気軽にお化粧感覚で受けることができるような時代になっているのです。美容整形の種類も豊富であり、自分のライフスタイルや好み肌質などにあわせて選択できるようになっているのです。

二重まぶたの整形手術は主に切開法と埋没法があるのです。切開法はまぶたにメスで切り込みを入れて半強制的に二重まぶたを作るものです。一度切り込みを入れてしまうと、半永久的に一重に戻ることはなく、ずっときれいな二重まぶたを維持できるメリットがあるのです。一方埋没法と言う手術もあるのです。これは医療用の針と糸を用いてまぶたの裏から一か所を縫い留めまぶたにくぼみを作る方法なのです。こちらはメスを用いないので出血、炎症、赤みなどの後遺症がほとんど確認されません。非常に安全性が高いと言うメリットがあり、その日からメイクや洗顔も普段通り出来るメリットもあるのです。また埋没法で二重にした後も気に入らなければ糸をほどき一重に戻せるメリットがあるのです。